「利用されないことによる危機」を防ぐ。

日本では長期的な国産材の需要低迷から、林業を取り巻く情勢が厳しく、
必要な間伐や除伐、枝打ちといった手入れが十分に行われず、
森林がヤブと化しています。
ヤブ化した森林は水を浄化する力、水を蓄える力、
土壌を保持する力も低くなっていきます。
すなわち「自然のダム」が衰えてきているのです。
私たちは日本の森林を守るために、国産間伐材の利用を推進しています。